2015年度卒業生のこれから①

日本体育大学 トライアンファントライオン
2015年度主将 伊田 拳斗 【Kento IDA】 #2
0002_xlarge

 

《チームを作る》

上級生、下級生関係なく意見をぶつけられる環境を作る。
そう決めてチームを作ってきた。それはできたと思う。
しかし成績は大きく変えることができなかった。
0009_xlarge

「言葉で上手く伝えられるタイプではなかった」
「周りから見たら物足りなさがあったのか。」
自分はフィールドでしか自分を表現できないと思っていた伊田は、
ひとつひとつのプレーを「必ず」全力でやるということを決めた。
言葉にすることが苦手な分、姿勢で示さなければと考えた。
その姿勢を見て付いて行くという後輩もいた。それが嬉しかった。

0006_xlarge
そして練習中に、互いの目標を言い合うようにした。
言ったからにはやらなければならない。
それを強く意識できた。
口に出さないと、自分に甘えが出る。
言葉にすることで、行動が変わる。

 

《2015シーズンを振り返って》

0019_xlarge
プレーヤーとして、納得できるシーズンではなかった。
チームを勝たせるプレーができなかった。
だから全てを出し切ったとは言えない。

今後はXリーグの強豪「ノジマ相模原RISE」でプレーする。
「既に練習に参加したが、『スピードの差』を感じている。」
春に結果を出さなければ選手として登録されない。
秋は必ずローテーションに入って試合に出る。
今度こそチームを勝たせる。

 

《4年間で得たものは》

0003_xlarge
最上級生は考えることが多く、想像以上に大変だった。
「4年生全員がキャプテンのつもりで」というのが
同期の中での約束だった。
思っていることを本音でぶつけ合うことで、チームを作ってきた。

「この仲間は一生モノだと思う。」

0004_xlarge

この「チーム」で、君は4年後に何を得るのか。

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。