孤高のアスリート

自分の1プレーがチームの勝負を左右する。そのときの重圧は想像を超える。

その中で戦い続けた男は、この四年間に何を思ったのか。

 

#12 長尾 健 【Takeshi Nagao

長尾 (5)

キッカー【Kicker】というポジション

ボールを蹴る専門職。

フィールドで長尾がボールを蹴る瞬間、観客の目は長尾の脚から放たれるボールに目を奪われる。

ボールの行方は、誰にでも分かる「結果」となる。

その結果次第で時にチームメイトから賞賛され、時に罵倒される。

長尾 (4)

先輩に憧れて日体大を選ぶ。

単純にああいうキックを蹴りたいという先輩に憧れて入部した。
たくさんのことを教えてもらって「アメフトが上手くなりたい」ただそういう思いだけだった。

その先輩の指導が受けられると思っていたが、実際はその先輩が卒業し、グラウンドに来る機会は思ったほど無かった。

その分、自分で考えてやるしかなかった。専属のコーチもいない。練習方法も自分で考えた。

メールや電話でその先輩から教えを請う。インターネットの動画サイトで練習方法を調べたり、できることは何でもやった。自分の中の完璧を目指した。

長尾 (3)

アメフトが好きでも、出来ない人が身近にいた。

その人を思うと1日を大切に過ごそうと考えるようになった。適当に練習をしていた自分から脱却。
練習では内容にこだわり、試合では結果を求めた。

3年の春には競技継続を考えるようになる。

理由はフットボール以外にやりたいことが見えてこなかったから。

就職活動を周りの学生と同じように行った。自分が何に向いているのかを自分なりに考えた。
アメフトのシステムやサインを考えるのが好きで、IT企業も受けた。

「自分で目標を立てて、その目標を達成するために行動することができる」
そういう自分にたどり着き、営業職としてアメフトチームを持つ希望会社の関連会社に内定をいただいた。

長尾 (2)

大学4年間で長尾は何を学んだのか。

『精神的にタフになれたと思う。ポジション柄、結果だけを求められることをやってきた。追い込まれることに慣れた。そういうときこそ、自分がやってきたことを信じて、やり抜く。
その中で常に自分のプレースタイルを貫き通し、結果を得られたときに達成感を感じた。
コツコツ積み重ねてきた事が自信になって、辛い場面でも自信を持って力を出し切れることを学んだ。この「コツコツ」の深さ、重みが自分を助けてくれる事を学んだ。』

長尾

長尾の歩む道。

ライスボウル(アメリカンフットボール日本選手権)を4連覇しているチームに春から入団する。

『自分が経験をしたことがない、『日本一』になりたい。個人的にはハイパフォーマンスを発揮し続けて、日本代表に安定して選ばれる選手になりたい。アメリカに行って、NFLでプレーしたいという気持ちが強くなった。最終的にはNFLでプレーしたい。』

日本人で初めてNFLのチームと契約する選手は、長尾かもしれない。

 

【弊部活動に興味のある方は、お気軽に見学にお越しください!
サイト上部『お問い合わせ』より、見学・入部相談承ります!】